SEO対策は魚釣りに似ている

SEO対策、CSS等の気付いたことのメモ

プロフィール

Underground

Author:Underground
これまでに制作したテンプレート
Underground
Underground_3c
i_blog(iTunes風)
mono_pop
cosme_pop
terrace
Underground7_2c
Underground7_3c
blue_glass
テンプレート名をクリックすると、プレビュー画面で見れます。

FC2ブログランキングに参加中!
テンプレート気にいってくれたらクリックお願いします!

おすすめ書籍

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ユーザータグ

SEO対策 Dreamweaver 共有テンプレート Leopard iPhone analytics IE7.js CSS Chrome,クローム Windows7 アフィリエイト セキュリティソフト Dreamwever Safari3 RSS Netscape MacBookAir IE8 アクセスアップ メイリオ 検索通 被リンク数 ウイルス対策 雨村探査区 yahoo 検索エンジン UTF-8 アドパートナー クロール率 キーワードアドバイスツール Flash iPod_touch MFC-490CN CS4 インイヤー式ヘッドフォン Apple ホームページ制作 MacBook CREATIVE_SUITE_4 Mac IETester iMac Safari4 Macネットブック spry Snow iPod jQuery ウェブ検索 iTunes_Store Adobe YST検索 ブログ検索 アルゴリズム変更 WindowsXP SP3 iTunes8 キーワードツール Chrome Vista 

PR

コンパニオン20

またまたMac miniの話題

この前、Mac miniのグラフィックのメモリがメインメモリと共有だった
という話を書いたのだが、その続きの話を
現在2タイプが発売されており、その違いはメモリ、ハードディスク容量と
グラフィックプロセッサのメモリの違いしかなくて
メモリとハードディスクはBTOで変更出来たりするので
グラフィックメモリしか違いはないのかと思っていたのだが
メインメモリと共有している関係からか
下位モデルのメインメモリを2GBにアップすると
なぜだかグラフィックメモリもアップして256MBになるらしいんですね
で、メインメモリを4GBにしてもMacminiのプロファイル?上では
256MBでしかないらしいのだが、そのminiでブートキャンプやらでXPを立ち上げると
XP上では512MBになっていたりするらしい
512MBといえば、GT130と9400Mという根本の違いはあるにせよ
iMacの最上位モデルと同等のグラフィックメモリにもなるというのだろうか?
まあ、macminiの認識上は256MBでしかないし、比べるものではないのだろうが

とりあえずメモリを足すことで、グラフィクメモリも上がるのなら
Macminiの下位モデルでメモリを4GBにしたほうが良いのではないか?ということになる
しかし、アップルストアの下位モデルを上位モデルと同じスペックにすると
メモリ追加やハードディスク交換分の料金が加算されるからか割高となる・・・

先日紹介したキットカットでもショップのBTOでメモリを4GBにし
ハードディスクを7200rpmのものに替えた値段が92800円となり
これで決まりかな~なんて思っている
(注:メモリ、ハードディスクはapple指定のものではない)
ここも老舗のPLUSYUでもHDD500MB、メモリ4GBで、
しかも交換前のHDDを外付けとして、89800円とかもある
ハードディスクが7200rpmならかなりお得だと思うが、たぶん5400rpmだと思う

はあ・・ Appleのアフィリエイトをやっていながら
他のショップの宣伝をしているようではね・・
あっ楽天もやっているんだった、あとで変更しておこうっと



スポンサーサイト



Googleのアルゴリズムが変わった?

Googleの検索エンジンのアルゴリズムがまた変わったかな?
今月の頭に検索した結果とかなり変わっている感じがして
良くみると「ウェブ履歴に基づいてカスタマイズされています。」とかって文字が
何これ?と思ったらgoogleのアカウントにログインしている状態で
Webを観覧していると、ブラウザの履歴とは別にgoogleが履歴を録っていて
その過去の履歴から、こいつが検索しようとしているのは
たぶんこのページじゃないかしら?と検索順位を操作してくれているらしいのだが・・
大きなお世話だよ!

というか、googleは過去にスケジュールが他人に公開されていたりとかあるので
自分のウェブ履歴を公開されやしないかとひやひやものじゃないか?

げげ、いつから履歴とられているのかと思ったら
2006年の8月からだって・・・ 3年近くも履歴とられてたの?
まったく気付いてなかった・・・
2006年の8月31日に「フレドリック・ブラウン」で検索してたらしい
う~ん、面白いけど、いいんだか悪いんだか・・・
とりあえずgoogleのアカウントをお持ちの方は確認したほうがいいかも?
http://www.google.com/history/
一時停止とか削除も出来るみたいです

去年の今頃何を検索してたかな?なんて調べることなんてないと思うが
とりあえず過去の検索したサイトなんかを参照して検索結果をカスタマイズって
例えば、「ラーメン」って検索したとして
以前に岩塩とかって検索したことがあると「塩ラーメン」を上位にもってくるってこと?
履歴に基づいてって、このページ何回も見てたでしょ?とか
そういうページを上位にもってきたりするなら、便利っちゃ便利だけど
それにしてもウェブ履歴で「関心のあるアイテム」とかってあって
「お客さまの最近の上位検索キーワードランキング」とかで
「うそこメーカー」ってのが一位になってるんだけどそんなの検索したことないし
「お客様の検索に関連するウェブページ」ってのもまったく見たこともないページが
並んでるんですよね~ 

なんか話が逸れてしまいましたが
googleのアルゴリズムが変わってウェブ履歴を参照したりして
より検索精度を上げようとする試みが始まっているらしいです
そういえば、googleの広告も検索履歴とかを活かすようになるらしいですね
これはブラウザの履歴も含まれるのかもしれないですが
アマゾンとかではすでに導入されているっぽくて
検索サイトで検索してからアマゾンに行くと「おすすめ」みたいな欄に
検索したキーワードが含まれる商品が紹介されていたりしますよね
このシステムと同じで、検索した先にgoogleの広告があると
その検索したキーワードが含まれる広告が表示されるようになるんでしょうかね?

色々書きましただ、何がいいたかったかというと
SEO対策している人にとっては、ノーマルに検索した結果で表示してもらわないと
順位の上下とかがわからないってことが言いたかったわけで
gmailを利用したりしている人で、常にログインしている状態の場合
ちょっと邪魔な機能かなって思いますね
ものすごく検索の精度が上がったりするなら便利かもしれないですが

Copyright (C) SEO対策は魚釣りに似ている. All rights reserved. Template by Underground