SEO対策は魚釣りに似ている

SEO対策、CSS等の気付いたことのメモ

プロフィール

Underground

Author:Underground
これまでに制作したテンプレート
Underground
Underground_3c
i_blog(iTunes風)
mono_pop
cosme_pop
terrace
Underground7_2c
Underground7_3c
blue_glass
テンプレート名をクリックすると、プレビュー画面で見れます。

FC2ブログランキングに参加中!
テンプレート気にいってくれたらクリックお願いします!

おすすめ書籍

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ユーザータグ

SEO対策 Dreamweaver 共有テンプレート Leopard iPhone analytics IE7.js CSS Chrome,クローム Windows7 アフィリエイト セキュリティソフト Dreamwever Safari3 RSS Netscape MacBookAir IE8 アクセスアップ メイリオ 検索通 被リンク数 ウイルス対策 雨村探査区 yahoo 検索エンジン UTF-8 アドパートナー クロール率 キーワードアドバイスツール Flash iPod_touch MFC-490CN CS4 インイヤー式ヘッドフォン Apple ホームページ制作 MacBook CREATIVE_SUITE_4 Mac IETester iMac Safari4 Macネットブック spry Snow iPod jQuery ウェブ検索 iTunes_Store Adobe YST検索 ブログ検索 アルゴリズム変更 WindowsXP SP3 iTunes8 キーワードツール Chrome Vista 

PR

コンパニオン20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleってアルゴリズム変更した?

なんか今月半ばから、このブログと他のサイトの
google検索からのアクセスが激減しているのだが
アルゴリズムの変更でもあったのだろうか?
サイトのほうは、トップ10内から圏外へと飛ばされたっぽい・・・
これといって変更を加えたわけではないので
なんとなくアルゴリズム変更か?とか思ったりしているのだけど
そのあたりどうなっているんだろうか?

MSNでは不明なアドレスがインデックスされていて
Liveサーチさんとのやりとりで該当するページを削除しますか?と問われたので
削除をお願いしたのだが、該当するページだけでなく
サイト内の全てのページを削除されたりして、かなり凹んでいる状態なのだが
Googleにも嫌われるとは・・・

Yahooでも3番目から変動もないし
ここで守りに入らずに、そろそろサイトはリニューアルすべき時なのかな~

スポンサーサイト

SEO対策は巡回ロボットと仲良く?

前の記事でアクセス数をアップさせる方法として
タイトルが重要!であるという記事を書いたのだが
その結果、このブログ(その記事)のアクセス数が増えたか?というと
増えていない・・・ というのが現状である
それはなぜか? というと
「アクセスアップ」について書かれている記事が、このブログ内で他に存在していない
というところに原因がある

というのは、
検索サイトで「アクセスアップ」というキーワードで検索した場合
そのHPなりブログなりが「アクセスアップ」について多くのことが書かれているほうが
検索結果の上位になりやすいわけで
「こうすればアクセスアップ!」 だとか
「ああすればアクセスアップ」 だとか
ページ内もしくはサイト内で「アクセスアップ」というキーワードが
頻繁に登場しているはずである

それによって、ページを巡回しているロボットが
ああ、このページはアクセスアップについて書かれているページなんだな
他の「アクセス数アップ」について書かれているページからのリンクも多い
ということは、このページは「アクセスアップ」に関して優れた?ページである
とロボットが判断することによって、検索結果の上位に表示されるようになる
というわけだ

ページ内容を人が確認しているわけではなくて
あくまでもロボット(コンピューター)の判断(その判断基準がアルゴリズム)なので
ある意味、ロボット好みにすることこそがSEO対策といっても過言ではない
とはいえ、リンクしてもらう場合は人の判断ではあるが・・・

う~ん、何を言わんとしてたんだっけ・・・
とにかく! 「こうすればアクセスアップ!」なんてことを一度記事に書いてみたところで
キーワード検索で上位にくるはずもないので
アクセスアップなんてするわけがないですよ という話でした

スパムメール対策だったのに・・・

今しがた気付いたことなのだが
Googleで「site:」検索するとFlash(拡張子swf)までインデックスされているのだが
い、いつから?・・・

HTML内にmailto:を使ってメールアドレスを載せているとスパムメール等の被害が多かったので
わざわざメール送信部分をフラッシュを使って制作していたのだが
Googleにインデックスされているフラッシュは、ご丁寧にも
Flashファイルの中身までチェックしているようで・・・
なななんと!! まるでページタイトルであるかのごとく!!
メールアドレスが掲げられているではないか!!

他のフラッシュファイルのようにファイル名をタイトル部に表示させるならまだしも
あまりオープンにしたくない部分を、わざわざ拾い上げなくても・・・
せっかくのスパム対策のつもりだったのだが、他に手を考えなくては?・・

とはいえ、フラッシュ内部までをインデックスするようになったのであれば
フラッシュ内部にキーワードを含ませることで、今後はSEO対策にもなりそう?
そうなると、SEO対策的に嫌われていたFlashも再び脚光を浴びるのだろうか?
大手企業のページのように、ページ全体をフラッシュで作成してもOKになる?
う~ん、また学ぶべきことが増えそうな予感?・・・

アクセス数をアップさせる方法!

「アクセス数をアップさせる方法!」
このタイトルを見てアクセスしてくださった方なら
すでにアクセス数をアップさせる方法を学んだのではないでしょうか?
タイトルを見て、アクセス数をアップさせる方法を知るために
訪れていただいたと思うのですが
数あるアクセスアップについて書かれたページの中から
このページを選んだのであれば、なぜこのページを選んだのでしょうか?
上から順番に見ていったにしろ、タイトルを見て
見るべきページなのか見なくてもよいページなのか
その判断基準に少なから影響を与えているのではないでしょうか?

と、偉そうなことを書いてみましたが
最近、SEO対策のリンク集のようなページで
ランクづけされている上位のページをクリックしてみたら
中身はなにも書かれていないようなページが表示がされて
なぜこのページが上位になってるんだろうか?と考えたんですが
自分がなぜクリックしたのかというと、タイトルを見てクリックしていたわけで
なるほど、中身がなくてもタイトルの付け方次第では
アクセス数はアップ出来るんだな~と学んだからである

何かを調べている時に、これぞ!と思うタイトルがあればクリックしますよね?
それを、まあ言わば逆手に?とっているわけで
個人的にはあまり好きではないやり方なのですが(こうしてやっておきながらも)
とにかく、アクセスアップにはタイトルも重要
ということを伝えたかったわけなのであります

これでこの記事のアクセスが上がれば効果ありというわけですが
タイトルに釣られてきてしまった方、ごめんなさい・・・

IE8の不具合

IE 8のベータ版にWindows Updateが利用できない不具合が発覚

このアップデートが出来ないの状況を、ちょうど昨日体験してた
「IE 5以降のWebブラウザで」などというメッセージが表示されていたために
IE8はインターネットエクスプローラー扱いされてないのかと思って
IE7のエミュレーターモード?で対処してみたらOKだったのだが
他にもGmailでも不具合等があるらしいとのこと・・・
なのでメインマシンのブラウザをIE8にするのは避けたほうがいいようですね
え? メインブラウザはFirefox?
IEはあくまでも表示確認用?
ならば問題はないか・・

例えβ版だからとはいえ、セキュリティ改善などの重要なアップデートを
デフォルト状態で出来ないなんて・・ ねえ?

IE8に未来はあるのか?

前回に続いてIE8の話題です
で、さすがというところなのがGoogleのAnalyticsで
すでにIEの種類別でIE8の表示になってますね
このへんでマイクロソフトとの違いがはっきりでているような・・
正直MSN(Liveサーチ?)には色々な意味でがっかりで・・・
Yahoo買収(今度はワーナー?)の話がなくなりそうなのでほっとしているのだが
もうSEO対策でMSNは無視しようかと思っている(今までもあまり意識していなかったが)
ペナルティはないということなのに、検索で弾かれている意味がわからない・・・

話がそれましたが、IE8の話題にもどって
IE8β版ではIE7エミュレートなるボタンがありまして
そのボタンをONにしてIE8を起動し直すとIE7での表示になります
なので、IE7での表示の確認も出来るので
IE8でのWeb標準を意識しながらIE7の確認が出来ると・・
な~んて書いてますが、IE7が普及しない以上、IE7もIE8もあったもんじゃない!

思うに、皆がなぜIE7にアップデートしないのか?を考えてみると
面倒だから? 不具合がありそう? セキュリティの問題?
なんかそんなに信用?とかがないのであれば
いっそのことインターネットエクスプローラーなんて捨てちゃって
WindowsユーザーがみんなしてFirefoxを使えばいいんじゃないの?
とか思ったりするのだが・・・
そのほうがWeb制作側にしても大喜びなはず!!
はあ・・ むなしくなってくるな・・・

そういえば、現状のIE8ではSpryのメニューバー表示がおかしくなってます
IE8側で対処するのか、Spry側で対処するのかはわからないですが
色々なところで問題が起きてくるのは間違いないはずで
この問題の対処のためにWeb制作者の仕事量が増えるのは間違いなさそうな・・


さっそくIE8をダウンロードしてみた

MS、IE 8のβ版をリリースとの記事を見つけて、さっそくダウンロードしてみた

最初、ユーザーがIE6からIE7へアップデートした際に、正しく表示されない?状況があって
(IE6がWeb標準に沿ってないため当然なのだが・・・)
IE7からIE8への移行でも同じような混乱?が起きないようにするために
IE8でのデフォルト表示をIE7の表示にあわせるつもりらしかったのだが
(当然だがWeb制作者側からすると反対)意見で、Web標準のデフォルト表示となったらしい

ということで、Web標準に準拠したページであれば表示は問題がないわけなのだが
そこがマイクロソフト?というわけなのか、まだβ版だからということからなのか
ちょっと中途半端な表示な気がしないでもない・・・

で、自分のページ以外見てみると
まずYahooのトップページの表示が、IE6からIE7で見てくださいという注意書きが出て
それ以外のブラウザ扱いされていた
そして、笑えるのがMSNのページなのだが、自分のところのブラウザなのに
まだ対応していないために、表示がズレまくっている
(これまでWeb標準を無視してきたわけだから当然と言えば、当然か・・・)
あとは、このFC2ブログのトップ?画面が大変なことになってしまうという状態だった
画像サイズを%表示にしているから?なのか写真が拡大されていたりして
一番ひどいありさまだった

というように、IE8でようやくWeb標準に準拠することにしたらしいのだが
IE8のリリースとともに、しばらくWeb制作者の混乱は免れなそうにないような気が・・

とはいえ、最大の問題はIE8が普及するのか?だったりして・・・

Windows Vistaは値下げしても・・・

Microsoft、小売り版Windows Vista値下げへというニュースがあった
発売前にはXPの販売数を越えるだろう等のメーカー側の発表があったりしたと思うのだが
いまだ、安定しているという理由でXPを使い続ける人や会社が自分の周りでも多い気がする
なので、例え値段を下げたところでVistaユーザーが大幅に増えることはないような・・

もう何度も書いているけど、先月の13日にIE7の自動アップデートが開始されたのだが
アクセス解析でみると、XPでのIE6の利用者がまだ70%ぐらいいるのだ・・・
現状でこと足りているのなら、アップデートする必要なしということだろうか?
IE7でないと見られないサイトだとか、サービスだとかが登場してきたりしないと
IE7にアップデートする人すら増えないのではないだろうか?

なんとなくWindows VistaはWindows MEのようになりそうな気が・・・

Copyright (C) SEO対策は魚釣りに似ている. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。