SEO対策は魚釣りに似ている

SEO対策、CSS等の気付いたことのメモ

プロフィール

Underground

Author:Underground
これまでに制作したテンプレート
Underground
Underground_3c
i_blog(iTunes風)
mono_pop
cosme_pop
terrace
Underground7_2c
Underground7_3c
blue_glass
テンプレート名をクリックすると、プレビュー画面で見れます。

FC2ブログランキングに参加中!
テンプレート気にいってくれたらクリックお願いします!

おすすめ書籍

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ユーザータグ

SEO対策 Dreamweaver 共有テンプレート Leopard iPhone analytics IE7.js CSS Chrome,クローム Windows7 アフィリエイト セキュリティソフト Dreamwever Safari3 RSS Netscape MacBookAir IE8 アクセスアップ メイリオ 検索通 被リンク数 ウイルス対策 雨村探査区 yahoo 検索エンジン UTF-8 アドパートナー クロール率 キーワードアドバイスツール Flash iPod_touch MFC-490CN CS4 インイヤー式ヘッドフォン Apple ホームページ制作 MacBook CREATIVE_SUITE_4 Mac IETester iMac Safari4 Macネットブック spry Snow iPod jQuery ウェブ検索 iTunes_Store Adobe YST検索 ブログ検索 アルゴリズム変更 WindowsXP SP3 iTunes8 キーワードツール Chrome Vista 

PR

コンパニオン20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策やりますよ?

ブログのタイトルにSEO対策と謳っているけど
たまにSEO対策について書くぐらいで、これといってSEO対策のキーワード
を含めていない気もするのだが
最近、アクセス解析で「SEO対策」のキーワードでのアクセスがあり
試しに参照先のyahooで検索してみたところ、100位以内にすら入っていなかった
たぶん、Yahooのブログ検索からのアクセスなのかと思うのだが・・

そんなことよりも、その時SEO対策で検索したその検索窓の下に
「SEO対策 無料」というのが表示されているのをみて驚いた
以前の記事でも書いたのだがこのスペースには検索数が多いものが表示されているわけで
それだけ検索している人が多いということになるのだが
無料でSEO対策をしてくれるところなんてないですよね?

HPを制作する際にSEO対策は無料でやらせていただきます とか
SEO対策に使えるツールの利用が無料 とかね

そもそもこうすれば確実に検索上位にきますってのはないんですよ
ある程度、こうすれば上位にくるだろうって方法はあるんですが
それをみなさん日々研究をしているわけで
それを無料でってのはないですよね・・・

お金払って被リンク数(他からの自分のHPへのリンク)を増やす
ってのもよくありますけど、ちょっとね・・・
下手するとスパム扱いされて検索サイトから除外ってことにもなりかねませんよ
被リンク数って大切なことかもしれないけど
よほどビックなキーワードとかを狙わない限り、あまり気にする必要はないかと・・
検索で5番目に表示されているのを1番目に上げたいってなら重要になってくる
ってぐらいじゃないですかね

なんかせっかくSEO対策で検索してきてくれたりしてる人がいるなら
SEO対策のアドバイスはしますよ~
上記のように5番目を1番目ってのはおいそれと出きないと思いますが
HPを作ったけれど、検索しても100番目以内に表示されないとかであれば
SEO対策をすればある程度の上位表示は可能だと思います
HPのアドレスを教えていだければどう修正すればいいのかアドバイスします
アドバイスに沿って修正したり(こちらで修正する事も可)して結果が出たようであれば
謝礼のような形で報酬をいただければありがたいです
(もちろん効果がなかったり、有益な情報でないと判断された場合はいりません)

自分のSEO対策のスキルアップを計る意味もあるし
ホームページのURLをフォームメールで送っていただければ
アドバイスいたしますよ~

スポンサーサイト

Yahooの検索窓の下で

ようやく暇?になりました~
で、たまにはまじめなことでも書いてみようかと・・
SEO対策ってタイトルつけてるぐらいだから
SEO対策について書かないとね

で、キーワード探しに使えるんでない?と
しばらく前から思ってたんだけど
それをきちんと調べてみたら
やっぱこれは使えると思ったやつで

Yahooで検索すると検索結果のページの検索窓?の下に
リンク付きのキーワードが出てくる時があると思うんですが
これって検索したキーワードに近いキーワードで
かつ検索数の多いキーワードを並べてくれてる?と思ってたんですね
で、それならアクセス数を伸ばすためのキーワード選びには
かなり使えるはず?と思って調べてみたわけで

とりあえず「自転車」と検索してみてください
すると検索窓?の下に
「自転車屋」「子供 自転車」「折りたたみ自転車」「中古 自転車」
なんてのが出てくると思うんですが
「自転車」というキーワードがあまりにも多すぎる(ビックキーワード)すぎて
もうちょっと詳細なキーワードで検索してみては?という
サポート的な存在として表示されてると思うんですよ
自転車屋さんを探しているのか、それは子供用の自転車なのかとか
自転車というキーワードでは約217,000,000件のページがヒットしてしまうので
それを絞る意味で、使い勝手を考えてのものだと思うんですね
なので、他の方が検索しているのはこんなキーワードが多いですよ~
ってなアナウンスなんだとしたら、SEO対策に使えないはずがない!
というわけで、調べてみたのですが

「自転車」での検索数が5,000,000 件

「自転車屋」 90,500件 
「子供 自転車」 135,000件
「折りたたみ自転車」 165,000件
「中古 自転車」 74,000件

ってな具合で、やっぱ検索頻度の高いキーワードが表示されているわけですよ
他に「電動自転車」 201,000件 ってのがあったりして
なんでこれが登場しないの?とかいうのもあったりしますけど
検索数を参考にしているのがグーグルなので・・・ ってことにしておきますかね

とまあ、時間も出来たことだし
まじめに検証してみましたので
SEO対策のお役になればと思います、はい

SEO対策のススメ

Webを制作にあたって、一番楽しみな瞬間って
YahooやGoogle検索にインデックスされた後
狙ったキーワードでの順位を調べる時、ではないでしょうか?
なんかこの瞬間ってドキドキするんですよね~

もちろん最初から上位に表示されるに越したことはないが
2、3ページ目の状態から、対策をあれこれと考えながら
地道に順位を上げていくこともまた楽しい

でもまあ、前にも書いたりしたのだが、そういうSEO対策てなことで
人為的に上位表示を狙うってことが、時に悪?って思うこともあるのだが
その成果が目に見えて、上下したりするもんだから
SEO対策にやりがいを感じてしまうのだ

アルゴリズムの変更等で、がくんと順位を落としたりすると
なぜだ!とその原因を探り
そのアルゴリズムの変更に対しての対策を講じて
その結果が功を成すと、キターーーー! などと雄叫びを上げる
なんて孤独な戦いなんだ・・・・ 地味だし・・・

けれど、これだという答えがないものに対して
その答えを探すことに 男のロマンを感じてみたりもする

まだSEO対策を知らないあなた!
さああなたも! SEO対策を始めよう!


アスセス数、激減の謎に挑む?

あまりににもアクセスが激減してしまって
サイト閉じようか(このブログではない)とか思うほどで
これといった策を投じないまま、投げ出していたのだが
最近ふと、なぜなんだろう・・・ という
そのなぜに興味を抱き、ちょっと考えてみることにした

以前、アクセスが激減した理由でも書いたのだが
勤務中の仕事以外でのネット利用の規制が厳しくなった?
というのもあるんじゃないかとも思うのだが
それにしてもその激減ぶりが、あまりにもひどいと思うので
他にも原因があるはず・・・ということで

まず、激減した日というのがあって
それが7月19日で、その日から折れ線が一気にダウンしている
19日は土曜日なのだが、テレビ等で仕事外のアクセスが多いというニュースが
流れたのが、その前日から前々日だった
そのことから、どこの企業も規制をかけたのでは?と考え
その証拠?に
激減する前の一ヶ月と、ここ最近の一ヶ月のブラウザの種類を見ると
他のブラウザでのアクセスの数はそれほど変化はないのだが
IEだけが半数以下になっている

が、企業内のほとんどがIEを使っているからと言って
IEの数が減った = 企業の規制とはならないよな・・・
なんせ一般的に9割近くのシェアをもっているわけだし
よって減った分の9割がIEなわけだしね・・・

ならばなぜなんだろう? と今度は検索キーワードの数を比べてみると
激減前が1000を越える検索キーワードでのアクセスがあったのに対し
最近の一月でみると、なんとその数247!!
どんだけ検索キーワード数が減ってるんだよ・・・・

これは検索エンジン側での、キーワードの扱い方?(振り分け?)に
大きな変化があった?と考え、今後その対応をしてみようと思ってます、はい

なんか、おぼろげながら
サイト内での、他のページとの関連性が薄れた?とか思っていたりする
例えば、グルメサイトを作っていて、サイトの内にラーメンのページがあるとすると
以前までは、サイト内にラーメンのページがあることで
トップページにある、ラーメンというキーワードが強められていた?が
現在だと、その繋がりによる強化がなくなったんでは? とか思ったりする
これはあくまでもYahooのアルゴリズムだけど
う~ん、まあ、良くわらん・・・

7月19日からの激減のわけを知ってる方、どうぞお教えくださいませ(願)

キーワードツールの活用法

キーワードアドバイスツールプロが利用できなくなってから
有料なところが登場したり、会員登録しないと日に3回までしか利用できなかったりと
有効なキーワードを探すのに苦労していた
しかし! 昨日Yahooで「キーワードアドバイスツール」で検索してみると
Googleのキーワードツールがトップに君臨していて
タイトル部分がURLになっていたので、なんじゃこれ?と思っていたのだが
クリックしてみると、こ、これは・・・キーワードアドバイスツールじゃないか・・・
さっそく検索キーワードを入力してみると、
以前のキーワードアドバイスツールプロにも勝るデータ量! さすがだ・・・
アドワーズのツールであるから、以前からもあったのだろう・・・ 少し悔やむも
これからは思う存分、キーワード探しが堪能出来るというわけだ!

喜びのあまり、くだらないことを書いてしまったが ここからが活用法
まずキーワードアドバイスツールってなんなのかというと
文字通り有効なキーワードをアドバイスしてくれるツールですね
で、使い方の例として
例えば「検索キーワード」に「グルメ」と入力してキーワードの候補を取得してみると

 美味しい   301,000
 おいしい   823,000

という情報が得られる(一部をピックアップしたもの)
で、ここから何を考えるかというと
検索数では「おいしい」というキーワードが多いので
「美味しい」というキーワードよりも「おいしい」というキーワードのほうが有効
ということがわかる
そんなの調べないでもわかるよ、と思われるかもしれませんが・・・
あくまでもわかりやすくということで・・
実際はものすごい数のキーワードが登場するので、
その中から、自分のサイトに有効と思われるキーワードを選ぶというわけですね
あとは「競合する広告主」なんかを参考にして
広告主が多いってことは、サイト数も多いだろうから
競合が少なそうでいて、検索数が多いキーワードを探す
などと考えていくわけですね
とにかく、SEO対策には必需なサイトなので、ブックマークして活用しましょう~

Copyright (C) SEO対策は魚釣りに似ている. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。