SEO対策は魚釣りに似ている

SEO対策、CSS等の気付いたことのメモ

プロフィール

Underground

Author:Underground
これまでに制作したテンプレート
Underground
Underground_3c
i_blog(iTunes風)
mono_pop
cosme_pop
terrace
Underground7_2c
Underground7_3c
blue_glass
テンプレート名をクリックすると、プレビュー画面で見れます。

FC2ブログランキングに参加中!
テンプレート気にいってくれたらクリックお願いします!

おすすめ書籍

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ユーザータグ

SEO対策 Dreamweaver 共有テンプレート Leopard iPhone analytics IE7.js CSS Chrome,クローム Windows7 アフィリエイト セキュリティソフト Dreamwever Safari3 RSS Netscape MacBookAir IE8 アクセスアップ メイリオ 検索通 被リンク数 ウイルス対策 雨村探査区 yahoo 検索エンジン UTF-8 アドパートナー クロール率 キーワードアドバイスツール Flash iPod_touch MFC-490CN CS4 インイヤー式ヘッドフォン Apple ホームページ制作 MacBook CREATIVE_SUITE_4 Mac IETester iMac Safari4 Macネットブック spry Snow iPod jQuery ウェブ検索 iTunes_Store Adobe YST検索 ブログ検索 アルゴリズム変更 WindowsXP SP3 iTunes8 キーワードツール Chrome Vista 

PR

コンパニオン20

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AdobeのIDが流出していたことが発覚!

Adobeの情報漏えい事件は知っていたのだが
Adobeからの連絡はないので自分は問題ないものだと思っていたのだが・・・

今日、Evernoteからメールが来て
「被害を受けた Adobe アカウントの一覧がインターネット上で公開されています。このリストにあるメールアドレスを弊社にて Evernote ユーザのメールアドレスと照合した結果、今回流出した Adobe アカウントの一覧に、お客様が Evernote のアカウントにご登録されているメールアドレスが含まれていることが判明しました。」
なる文面を見て驚きましたね・・・

何故、アドビから真っ先にこういったメールが届いていないのだろうと・・・

で、アドビのページを見にいくと、クレジットカード情報やパスワードの流出が
あった場合は対処している等の文面が見られるので
たぶん、IDのみ(メールアドレス)の流出は問題ないとしているのだろうと思う

けれど、IDをメールアドレスにしているサイトも多く
アドビだからと大丈夫だろうと、メインで使用しているメールアドレスを
ID登録してしまっている者にとってみれば
たとえ、IDのみの流出であろうとも、流出が発覚した時点で報告すべきだと思う

現にスパムメールが大量に送り込まれても来ているのだ・・・
(プロバイダーに弾かれてはいるのだが)

そして今だに問題解決がなされていないような状態で
Photoshopが月額1000円でずっと使えるというようなキャンペーンまで開始したのだ!
月額1000円なら・・・とか検討していたりもしていたのだが
今回の件でのアドビの対応を見ていると、残念ながら加入しようとは思えない・・・

クラウドサービスへの移行後、思うほどユーザー数が伸びないために
1000円のキャンペーンを始めたのだろうが、その時期を少しは考えるべきなのでは
ないだろうか・・・

とにかくアドビからの連絡ではなく、他からのメールで
ID(メールアドレス)の流出を知ったことは、かなりショックだった・・・

スポンサーサイト

景気を良くするためにも、WebのページはフルHDサイズにすべき?

Windows8からネットを見る際にはフルブラウザで表示されるようになった
何故わざわざフルブラウザ表示に変更になったかといえば
表示スペースを広げることによって、広告となるスペースを新たに設けようとしたからだと思う。

これまでは、ブラウザを立ちあげた時のデフォルトサイズは
Yahooのサイトの幅がちょうどデフォルトのサイズだった
なのでフルブラウザでYahooのサイトを開いてみると良い

すると、どうだろう?
左右にこれだけのスペースを持て余しているのだ
このスペースを利用しないほうが勿体無いと思わないだろうか?

ユーザー側からしてみれば、邪魔な広告が増えるだけでウンザリするのだが
物を売る側からしてみれば、これだけアピール出来るスペースが増えるのだ
使わない手がないだろうと思う・・・

ただ、現状のブラウザ表示のデフォルトがYahooサイズなので
魅力的なフルブラウザのサイトを多数用意することで
フルブラウザ表示が当たり前!って状況に移行させる必要がある
そして、ほとんどのユーザーがフルブラウザ表示でWebを見るようになった暁には
今の倍近い広告スペースを手に入れたことになるのだ!

そろそろ宿敵のIE6の存在が滅びようとしている今
素敵なWebページが世界を彩るようになると良いですね〜

Mac上でIEの表示確認方法の決定版!

ブラウザのシェアの現状を見ると、辛うじてIEがトップですが
IE 36%
Chrome 31%
Firefox 14%
Safari 10%
てな具合に、かなりIEのシェアは狭まってきましたね〜

とはいえ、未だIEのシェアはトップなわけで、IEの存在を無視することは無理なので
Web製作者は各バージョンごとに表示確認しながら微調整をしているわけで・・

これまではAdobeのBrowserLabだの、IEtesterだのを利用して
IEの各バージョンの表示チェックをしていたわけですが
AdobeのBrowserLabはサービスを終了してしまったし
WindowsXPではIE9やらIE10の確認も出来ないのでどうしたものか・・・
と悩んでいる時に「これだ!」というものを見つけました!

その名もmodern.IE

マイクロソフトがWeb製作者向け?に提供してくれているようで
Windows7上で起動させたIE9とIE10や、Windows8でのIE10
などといったそれぞれの環境下での表示確認が可能になるんですね〜



しかもオラクルが提供しているVirtualBOXを使えば無料でその環境を整えられます!

まずは利用したい環境(IE8-XP等)の項目内の「Grab them all with cURL」をクリックすると
ポップアップが表示されるので、そこに出てくるコマンド?をターミナルにコピペします

modernie_img1.jpg

するとその上に表示されているファイルを全てダウンロードしてくれます
(保存先はユーザーのホーム?(家のアイコン)直下)

IE8-XPの場合、拡張子がすでにovaとなっているので、そのまま実行すればXP上のIE8の環境がVirtualBOXで起動出来るようになりますが、他のものに関しては違った作業が必要となります

例えばIE9-Win7の環境でいうと
ターミナルに以下のものをコピペしていく必要があります

chmod +x IE9.Win7.For.MacVirtualBox.part1.sfx

これでファイルの実行権限を与えるらしい・・・
次に「./」を追加したコマンドで実行

./IE9.Win7.For.MacVirtualBox.part1.sfx

すると、IE8と同じように拡張子がovaのファイルが出来上がるので
それをダブルクリックして実行させるとVirtualBOXにWindows7のIE9の環境が完成します

てな具合に、必要な環境を作成することで
WindowsOSを購入することなしに、Mac上でIEの表示確認作業が出来る環境が整います!
これ以上のテスト環境はたぶん他にないでしょう・・・

modernie_img2.jpg

ちなみにIEのバージョンごとのシェアですが
IE9 43%
IE10 32%
IE8 18%
IE7 4%
IE6 1%
という感じになっております(ページの訪問者層により違いはありますが)

IE6とかは、いい加減もう対応する必要はないんじゃないかなと・・・
IEの旧バージョン全てに対応する時間があるのであれば
その時間をデザイン等に費やした方が良いですからね〜

最近ではブログのテンプレートなどでは、好きなデザインで組むために
IEに関しては別のスタイルシートを読みこませるような形にしたりして
IEでのデザインは別物として扱っていたりするんですが
マイクロソフト側がWeb標準化に本腰を入れてくれるのであれば
そういった手間すらもいつか無くなる時がくるんですかね〜
う〜ん、待ち遠しい・・・・・・

衝撃的だったのはMac Proの形ぐらい!?

WWDC2013での中継をAppleのサイトで見ていたんですが
個人的にはちょっとガッカリ感が漂ってますね〜

良い面では新型のMacBook Airは消費電力を抑えるCPU Haswellを搭載
ってことでバッテリーの持ちがかなり良くなったらしいですね〜
Retinaディスプレイモデルも出るのではなんて噂がありましたが
今回はそれはなかったようですね〜
ただ、MacBook Airはほんと薄型で持ち運びやすいことにより
バッテリーの持ちが要ではあると思うので、Retinaにして
バッテリーの持ちが悪くなるよりは良いのではないかなと・・・
とりあえず今回の発表で買いなのはMacBook Airですかね〜

で、次にMac Proなんですが、なんであんな形にしてしまったんでしょうね〜
小型化しているのは評価するにしても、ちょっとデザイン的にどうなのかなと・・
性能は間違いなく上がっているんだろうけれど
なんかこうどーだ!っていうMac Proの存在感みたいなものが薄れたかなと・・

OSX Mavericksに関して、個人的に嬉しかった点は
マルチディスプレイ機能の強化ですかね〜
現在MacBook airをシェルモード(閉じた状態)でモニターに出力して
使用してるんですが、現状でいうマルチだとMacBook Airのモニターと
外部モニターということになるので、シェルモードだと画面は一つなんですよね〜

で、OSX MavericksだとApple TV
を通してテレビやモニターにも出力可能!
らしいので、これでMacBook Airでも外部のマルチディスプレイが出来るかなと!



で、最後にiOSですが、簡略化されたボタンのデザイン等が好きじゃないですね〜
処理能力やらバッテリーの持ちを優先させた結果なんでしょうけど
これまでのAppleのようなデザインに対するこだわりが見られない感じで
やはりスティーブ・ジョブズ亡き今となっては、衰退は避けられないのかなと・・・

機能的には随分と進歩しているようなので、Safariのタブ機能とか
Photo関係なんかは使いやすそうにはなっているんですけどね〜
でもやはりAppleなので、ビジュアルにこだわって欲しかったですね〜

噂のあったiPad miniのRetina版等の話はなかったし
衝撃的な発表といえば、Mac Proの形だけだったかな・・・

個人的に期待したいのはMac miniのHaswell搭載機ですかね〜

Adobeの呪縛から解き放たれる時が来た?

現在使用しているのがCS5なもので
2,3年前に変わったアップグレードポリシーにより
バージョンは2つ前までしかアップグレード出来ないということで
次に登場予定のCS6.5でアップグレードしないと
二度とアップグレード出来ない!という状況だったので
悩んでいたところだったんですが・・

なんと!CSがCCとなって、パッケージ販売はしなくなるそうな!
つまりAdobe Creative Cloudに加入しないと、今後新規のものは
利用出来ないということに・・・・

とはいえ、個人経営な上にマスターコレクション利用するために
毎月5000円とか払いたくもないので(稼ぎ少ないし)
アップグレード出来なくなる以上、CS5を維持し続けることに決定!w

とはいえ、CS6までアップグレードしておこうかなとも考えて
調べていたんですが、なんかCS6は重いとか評判なのでね・・・
それに、新規で追加される機能も、あると便利だけとなくても可
というような感じだと思うのでね・・・

2,3年ごとにアップグレードしないと!という呪縛から解かれた今となっては
慣れた環境で作業するほうが効率も良いかなとも思えるし
それに考えようによっては、使う時だけAdobe Creative Cloudを利用する
ってのもありかなって思うんですよね〜

例えば自分が一番お世話になっているDreamweaverですが
月額1000円で利用出来るようなので?
月1000円程度であるならば、利用しても良いかなと思うんですよね
Photoshopが一番使いますが、最新のものって必要ない気がするし
Illustratorとかはほとんど使わないので、旧型ので十分かなと思うし

なので仕事で必要なものだけをAdobe Creative Cloudで利用する
ってのが賢い使い方かなって思うんですよね〜

で、これって年間プランってなっているので
1年単位での契約になるのかもしれませんが
例えば月単位で契約出来るようになれば
互換性の問題でどうしても最新のIllustratorが必要だとかいう場合に
一ヶ月だけ利用するとか出来れば良いと思うんですけどね〜

なんか全てを最新に保つ必要ってのもない気がするので
パッケージ版がなくなってしまう以上は、もっと使い勝手が良くなるように
Adobe製品が生まれ変わってくれると良いんですけどね〜

さてと、アップグレードしなくて済んだ分、何を購入しようかな!?

Copyright (C) SEO対策は魚釣りに似ている. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。